一時的思考停止のすすめ

 近頃、良質な睡眠体験が得られていない。布団にもぐり完全な覚醒状態で朝を迎えるなんてことが多々ある。目をつむったら朝になっていた、みたいなことがよくあった小学生の頃に戻りたい。

 最近は眠ること自体を諦めて布団から脱出し、どうでもいい内容の動画を見たり、いろんな人の文章を読んだりしてインターネットを徘徊している。それもこれも考え事が頭の中を常に付きまとうからだ。

 

 そういうわけで例によって眠れなかったので、うぇぶろぐ、更新したるんじゃい!朝の6時44分に何をやってるんだおれは。早く寝たい。

 

 寝つけない理由はもっぱら考え事のせいだが、それが毎日続いているというわけではない。一日でも生活リズムが崩れるとそれに呼応するように次の日も狂っていき、体内の睡眠サイクルがおかしくなる。それが入眠のしにくさに繋がり、長期的な睡眠不足に陥る。どちらかと言えばこういった二次的な被害の方が大きい。だが結局の所、諸悪の根源である「悩み」を解消せねば根本的解決にはならない。

 

 しかし「悩み」とは色々な策を講じた上それでも解決できなかったものであり、それを解消するのが困難であることは容易に理解できる。そういったときに都合よく思考をシャットダウンできる便利アイテムが開発されている。それが「睡眠薬」である。

 

 ある人は睡眠薬のことを「メンヘラ御用達のファッションアイテム」などと揶揄していたりする。行き過ぎた自己愛の象徴という実態は確かに存在するが、この代物、使い方を間違えなければなかなか便利であると思う。身体的な依存については注意すべきだが、眠りたいときに眠れるのだ。優先すべきことがある時、この便利アイテムを用いて問題をひとまず先送りにすることは現代社会において道理にかなっていると思う。

 

 言ってみれば睡眠薬を服用するのは思考停止だ。一般に思考停止は良くないこととされているし、「そんなものを使うのは逃げだ」と言う人もいる。しかし、人間は四六時中計算を行うコンピューターではない。思考を停止させて頭を休ませるタイミングは絶対にあるはずだ。

 そして、本当に行き詰まったときの「逃げ」はむしろ有効的であると思う。たしかに自分を追い込むのは悪いことではないが、それによって生産性が下がってしまっては身も蓋もない。前線から退き英気を養い、再び前線に戻り歩を進める戦術が存在するように、停滞は少しも恥ずべきことではない。いわゆる「戦略的撤退」と呼ばれるものだ。ふと思い出したが、同じようなことを漫画『銀の匙』に出てくるハゲの校長も言っていた気がする。

 

 思考停止の手段の一つとして「睡眠薬」という便利アイテムがあるよ、というところで話を終わりにしたい。

 

 

 

 ここまで長々と話をしながら現に私は眠れていない。問題の所在はどこか。手元不如意のためである。

 

 貧乏が悪いよ貧乏が。